トイレにいる動きの速い虫の正体はこれです!

Pocket

「紙魚」シミ

皆さんは、みたことがありませんか?トイレにいる虫で、体長約1cmくらいのフナムシのような体で銀色の素早い虫!この素早い虫は、「紙魚」と書いてシミという虫なんです。

シミの体を見てみると、うろこ状の皮膚になっており、体をくねらせながら動いております。シミの姿を見ただけで悲鳴をあげる女性も多いのではないでしょうか?
シミは、紙の表面を削り取るように食べて生息し、夜行性なので夜になると活動をしております。
そのほか、ホコリ・髪の毛・フケ・虫の死骸なども食べております。

人には無害なのですが、その姿が気持ち悪いので多くの人に嫌われていると思います。
この虫の寿命は7年以上と長く、エサを食べなくても10ヶ月以上は生き延びられるそうです。
家の中の湿度が70%以上になるとシミにとってはベストの状態になりますので、かなりの数になってくると思います。

湿度が高く、じめじめしたような環境が続いていると、シミの数も大量になってきて、夜にトイレにいって電気をつけると、小さな虫がいっせいに動いているので、その状態を見てしまうと気持ち悪くてトイレが使えないことになるのです。いくら人には無害と言っても気持ち悪い虫がたくさんいると気がおかしくなってくるものです。虫が増えてしまう前に退治してしまったほうが良いと思います。

このシミの駆除方法ですが、そんなには難しくはないです。このシミに効くスプレーをトイレの隙間や壁の隙間にスプレーするだけです。スプレーすれば、すぐに退治ができ、次の日からはシミはでてこないようになります。かなり簡単に退治できますので、シミが大量に発生してしまった人は、是非お試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です