台所で料理していると、何やら黒いものが動いたと思って、動いた場所をみると、ネズミがいる時があります。このネズミを退治しようと思って、棒などで叩こうと思っても、そのときには、逃げていて姿はないものです。このネズミを退治するにはどうしたらいいのか?ってことですが、家の中にくるネズミは、ハツカネズミとクマネズミになります。ハツカネズミは、体長5cm~8cmくらいで、クマネズミは、体長15cm~20cmくらいの大きさになります。

家にいるネズミは、どんなネズミだったか?

ここで、「貴方が見たネズミはどちらのネズミになりますか?」って事が非常に重要になります。どちらのネズミも好きな食べ物が違うので、その区別がついていないと、ネズミ捕獲器や毒餌をおいても、いっこうに死なないことになります。では、どうやって区別するかといいますと、ネズミを見て種類を判断するのは、素人の人には難しいと思います。そこで、大きかったか?小さかったか?と言うことになります。小さければハツカネズミで、大きかったらクマネズミになります。あとは、糞です。台所の棚などにある糞が小さければハツカネズミで、糞の大きさが、長さ1cmくらいであればクマネズミになります。

種類がわかったら退治へ

貴方が見た、ネズミが小さかった場合は、ハツカネズミになります。ハツカネズミを退治する方法を以下に記します。

1)ネズミを捕えて退治したい場合

この粘着ねずみとりシートを用意します。この上に、スーパーで売っているなるべく香りの良いソーセージを買ってきて、細切りにしてからシートの中央に置いておきます。そして、シートを台所の下にセットしておけば、簡単にかかります。ハツカネズミは、香りの良いソーセージが大好物なので、すぐに食べにやってきます。ネズミがかかったら折りたたんで、袋にいれて、処分してください。

2)ネズミを見るのも嫌で、家から追い出したい場合

このネズミ撃退器を台所にセットします。この装置は、ネズミが嫌いな電磁波と4種超音波が自動的に切り替えしてくれるので、台所にいるネズミが心地よく生きられない雰囲気を作り出すことができるので、その日のうちにネズミが逃げていきます。 また、戻ってきたとしても、違った超音波が出ているので、危険と判断して家には近寄らなくなります。

見たネズミが大きかった場合

貴方が見たネズミが大きかった場合は、クマネズミになります。クマネズミは、スーパーラットと呼ばれており、上記のような、粘着ねずみとりシートやネズミ撃退器では、退治できません。とても賢く、人間が設置した毒餌や撃退器を使ってもあざわらうかのように戻ってきて、それをよけながら台所を荒らし、子孫を増やし、放置しておくとマーキングの尿や糞だらけになっていきます。しばらくすると家の中が臭くてたまらなくなり、吐き気をするような状態になっていきます。また、ダニが発生して、そのダニが人を襲い、体に変な赤い斑点ができ、痒くなってきます。あと、夜になると天井でドタバタと平気で走り回るようになり、うるさくて眠れないような日々が続きます。

このクマネズミの退治方法は、以前に書いた記事が一番効果がありますので、そちらを見るようにしてください。以下に記事のアドレスを記入しておきます。

クマネズミの退治方法は、こちら!

大量に出たヒキガエル

私の家の近くには、大きな池があるのですが、以前、この池からヒキガエルが大量に出たことがあります。その年が当たり年だったのか、とにかくものすごい数のヒキガエルだったんです。退治しても退治してもいっこうに減らず、ヒキガエルの数も何万匹という数なので、近所の人もとても怖がっており、なんとかよい方法はないかと思っておりました。

ヒキガエルの天敵は?

そこでヒキガエルの天敵はなんだろうと思い、いろいろと調べてみると蛇がでてきました。しかし、蛇を捕まえてきて、この池に逃がしても、また、近所の人が蛇も怖がるし、どうしたらよいものかと池の周りを歩いていると、1匹のカエルが死んでおりました。そのカエルを見てみると、蟻がたくさん群がっておりました。それを見て、もしかして、蟻?そこで、蟻を池にたくさんこさせるにはどうしたら良いかと考え、最初は、砂糖を池の周りにまいてみました。しかし、1週間たってもそんなには集まらず、砂糖は、そんなに効果はありませんでした。そこで蟻の生態を調べてみると、ほとんどの蟻は肉食性という事がわかりました。どなたでもご存じだと思いますが、蟻というと甘い物に群がると言った考えがありますね?ですが、実は、肉食性だったのです。

肉食性の蟻は、何が一番好きなのか?

しかし、肉食性といっても何を使えば良いのか、家で考えていると、妻が「家の中に蟻がたくさんいる」と言っているので、その場所を見てみると、なんとキャットフードにたくさんの蟻が群れておりました。私は、キャットフード?って思い、キャットフードの原料を調べてみると、なんと!蟻が好むものが入っておりました。そこで、キャットフードの中で何が一番良いか調べてみました。何が一番良いかは、何が一番、ネコに人気があるかということです。人気があるのは、主原料はチキンで、なおかつ香りがきついものになります。ネコは、香りがきついものを好みます。そこで、このカナガンキャットフードが候補にでてきました。早速これを購入し、袋をやぶいてみると、かなり強烈な香りです。しかも、家のネコもすぐに飛んできました。これを池の周りにまいてみたところ、その翌日には、たくさんの蟻が集まってきました。しばらくそのままにしておき、数日後に池に行ってみると、ヒキガエルが蟻の攻撃にあっている姿をたくさん見ました。しかし、あの大きなヒキガエルを蟻に攻撃させるのは時間がかかると思い、もっと効果のある方法を考えてみたところ、ヒキガエルの子どもがおたまじゃくしから成長し、池からあがってくる時期(5月頃)に、池の周りにカナガンキャットフードをまいたところ、蟻たちは、子供のヒキガエルに群がり、あっという間に、池の60%のヒキガエルを殺してしまいました。次の年からは、ヒキガエルの姿は見なくなり近所の人たちも安心したと言っておりました。まさか、キャットフードがこれほど効果のある物とは思ってもみませんでした。他の種類のキャットフードも試してみたのですが、カナガンキャットフードほどの効果はありませんでした。ヒキガエルを駆除する方法なんてと思う方もいるかもしれませんが、近年の異常気象で、いつどこで同じようなことがおこるかもしれませんので参考にしていただけたらと思いこの記事を書きました。

私の友人の家のシロアリを駆除したときの方法をお話しいたします。

友人が、シロアリ業者の無料点検をおこなってもらったところ、「風呂場のまわりにシロアリがいる」と言われたそうです。そこで私に相談が来たのですが、「なんとかシロアリを駆除できないか?」と言われました。私は、専門業者が来たんだから、その人たちに頼んだ方がよいのでは?と言ったところ、予算がないので安くすませたいと言われました。

友人は、でも、おかしいな~まだ、築11年なのに、「新築の時に大工さんに頼んで防蟻剤をまいてもらったんだけどなー」と言っておりましたので、私は、薬の効果は、5年くらいで切れるの知らなかったの?と言ったところ、驚いておりました。

シロアリの確認のために床下へ

シロアリがいるのかどうか、とりあえず、床下に潜ってみることにしました。床下には、台所の床下収納の場所から簡単に入れるので、床下を移動しながらすべての基礎の部分の木をチェックしながら移動し、風呂場の場所まで移動すると、確かに、シロアリにやられておりました。LEDライトでやられている範囲を見てみると、約1mくらいになっております。シロアリも大量にうごめいておりました。ついでにトイレのまわりも見てみるとそこも、約50cmくらいやられており、木がシロアリに食われている状態になっておりました。どちらも木の表面だけをやられているみたいで、早めにシロアリを退治すれば、補強する必要ながなくてすむと思いました。

シロアリの巣をすべて破壊する作戦へ

このシロアリを退治するには、表面にいるシロアリを殺しただけでは、また、どんどんでてきます。シロアリと女王蟻も退治しないと、いくら殺しても駄目なので、スプレータイプの薬剤では、無理になります。そこで、このシロアリハンターを使っていきます。この中には6個の容器が入っております。これと、ガムテープを持って、床下に潜り、シロアリにやられている場所まで、移動します。シロアリにやられている場所にいったら、容器をよく見てもらうとわかるのですが、蟻が侵入する部分があります。その面をシロアリ被害にあっている場所に向けて密着させてから、ガムテープで落ちてこないように固定します。これを風呂場の場所には3つ設置しました。次に、トイレの場所に移動し、2つ被害場所に向けて密着させてからガムテープで落ちてこないように固定しました。残りの1個は、台所の下の土を3cmくらい掘って、容器を設置して土を軽くかぶせておきました。

*ここで注意が必要なのですが、シロアリがいるからといって、そのシロアリに駆除スプレーなどをかけないでくださいね。シロアリが逃げてしまいます。あくまでも、このシロアリハンターの薬を食べさせることが目的なのです。

そして2ヶ月後

友人の家に行き、床下に潜ってみると、シロアリは容器の下に集まっており。シロアリも木にはいなくなっておりました。容器の中のシロアリも動いておらず、無事に退治できました。容器の薬はまだ残っていたので、そのままにしておきました。これを使う場合は、毎年、新しい物を購入して、風呂場の周りの木や土の中、トイレの周りの木や土の中に設置し置けば、問題はないかと思います。床下に潜れる人がいたら、このように安くシロアリを退治することができますので参考にしてください。

家に穴を開けるハチ

家や竹に穴を開ける蜂として代表的なのが、上記の蜂、クマバチ、タイワンタケクマバチ、フタスジスズバチになりますです。玄関の上の木や壁に穴をいつの間にか開けられているとびっくりするものです。最初、穴を見たときは何の仕業かと思ってしまうものです。そんな蜂たちの習性を以下にしるし駆除方法を書きますので参考にしてください。

クマバチ

クマバチは、大きな羽音を出して空中でホバリングしている蜂です。
皆さんも一度は見たことがあるともいます。大きくて黒くて背中が黄色い色をしている蜂です。この蜂は、攻撃性はほとんどなく、集団ではなく、単独行動をしております。しかし、万が一、刺されると大きな針をもっているため、かなり腫れ上がります。
このクマバチは、4月~5月頃に家の軒下や柱に直径1cmくらいの穴を開け、巣作りを始めます。一度巣を作ると、何世代にもわたってこの巣を利用しながら増えていきます。穴を開けた後は、中身をくりぬいていくつもの部屋を作るので柱の中はスカスカになってしまっております。これを放置しておくと、穴だらけになっていくというわけです。クマバチが飛んでいるのを見つけたら、家の軒下や柱を調べてみてください。1cmくらいの穴が開いている場合は、巣作りをされていると思って間違いないです。この蜂の駆除方法ですが。この蜂が巣を作る場所は、そこが絶好の条件になっているため、1匹追い払っても、すぐに別の蜂がやってきて木に穴を開けます。そこで、このハチの巣を作らせないスプレーを穴が開いている部分とまわりにまんべんなく吹き付けてください。このスプレーの中にはピレスロイドという成分が入っております。この薬は、蜂の神経をマヒさせてしまう効果がありますので、卵を産み付けにやってきた蜂は、巣を作る場所に毒があるので産卵するには、この場所はよくないと判断しますので近寄らなくなります。蜂は、頭の上にある2本の触角を使って何でも判断しているので、身の危険を感じるような場所には産卵しないのです。薬の効果は2週間くらいですので、2週間たったらまた吹き付けておいてください。尚、軒下ならずっと効果は続きますが、雨に濡れるような場所に吹き付けておいた場合は、雨が降れば、薬は流されますので、効果はなくなります。その場合は、晴れてからまた吹き付けてください。

タイワンタケクマバチ

この蜂は、大きさは2cmくらいで、スズメバチより少し小さめな感じです。
全体は、真っ黒で羽が太陽の光にあたると様々な色で光っております。
この蜂は、古竹を好む傾向がありますので、竹や生垣などを見つけると、そこへ飛んでいって穴を開けて巣を作ります。知らずに放置しておくと、いつの間にか穴だらけになってしまうわけです。この蜂の背中には、なんとダニが寄生しているのです。蜂は、花の蜜を吸いますが、そのときに体に花粉がつきます。この花粉を足で丸めて作られるのが花粉団子になります。
ダニは、この花粉団子を食べて生きております。この蜂は、元々、台湾と中国地方のほうに多く生息しています。なんらかの理由で日本にやってきてしまったと思われます。今は、ものすごい勢いで増えていっております。竹に穴を見つけたら、この蜂がいる可能性が高いので、このハチの巣を作らせないスプレーを穴の中とまわりに吹き付けてください。雨などが降った場合は、晴れたらまた、吹き付けておいてください。蜂を見つけたら直接吹き付けても効果はあります。

フタスジスズバチ

この蜂はとても小さいです。大きさは、1cmくらいで体も細いです。しかし、この蜂は、家の壁や竹に小さな穴を開け、そこへ、幼虫の餌となるものを運び入れ、卵を産んで増えていきます。卵を産み終わると穴をふさぎ飛んでいきます。しかし、この蜂が増えると、いつの間にか小さな穴が無数に開いているので、気がついたときには、とんでもない状態にされてしまいます。小さくてフワフワ飛んでいて、穴の中に小さな蜂が入ったと思ったら、この蜂だと思ってください。私は、この蜂に家の壁を穴だらけにされたことがあります。小さな穴が開いていて、小さな蜂が飛んでいたら、そのまわりに、ハチの巣を作らせないスプレーを吹きつけ、飛んでいる蜂がいたら、その蜂にも吹き付けてください。すぐに効果が現れると思います。あっと今に、穴だらけにされるまえに、対策をしてください。

庭の木にいる蟻

庭の木の手入れをしているときに、小さな蟻が木に大量にいるときがあります。この木を調べてみると、弱っていて枯れてきているような感じに見えます。ここでよく勘違いする人が多いのですが、この木が弱って枯れた原因が蟻で、木の中を食い破って巣を作っていると思っている人が多いですが、これは木が弱ってきて空洞ができてきたので、その空洞を利用して蟻が巣を作り増えていっております。蟻は木を枯らすようなことはしておりません。自然にできた木の空洞は、雨や風もしのげるので、それを利用して蟻は増えていっております。

庭でよく見かける大量の蟻は、4種類いて、

小さくてオレンジ色のような蟻は、アメイロケアリといって体長約4.0mmほどになり、よく木の根元に巣を作り、木を揺らすとたくさんでてくるものです。

ルリアリは、小さくて黒くて体に光沢があります。枯れ木の空洞を利用して巣を作り、たくさん増えてくると木に大量にルリアリがいるようになり、木を登ったり下がったりして移動しております。

ヒメアリは、体がオレンジ色になっておりますが、お尻だけ黒くなっております。体長は約1.5mmくらいで、枯れ木にも巣を作り、家の木材の隙間を利用して巣をつくることもあります。

イエヒメアリは、ヒメアリに似ていますが、一回り大きく腹部以外に光沢がないのでここで区別します。体長は約2.5mmくらいになります。暖かい場所が好きなので家を利用して繁殖することが多いです。繁殖力はかなり高いので、知らないでいると何万匹にもなることがあります。

どの蟻もそのままにしておくと、あっという間にものすごい大量の蟻になり、気がついたときには、その数の多さに驚くものです。この蟻たちが大量に増えてくると、大移動するときがあるのですが、みなさんも一度は、家の壁にそって大行列ができている時があるのを見たことがあると思います。私は、この蟻たちはどこに移動するのかと思って調べてみたら、別の大きな木に移動しておりました。その木は、根元の部分が弱っているみたいだったので、そこを利用して、新しい巣を作る予定だったみたいです。ここで、この行列の蟻や、木についている蟻に、蟻を退治するスプレーをかけると、見えている蟻は退治できますが、女王蟻や木の奥の方にいる蟻は退治できないものです。蟻の巣の中に毒餌を運ばせて退治する薬をいろいろ試してみたところ、この蟻の巣を全滅させる薬を使ったところ、どの薬よりも効果がありました。この薬は、蟻が非常に好む味になっており、セットするとすぐに大量の蟻が群がり、食べた蟻は巣に運んでいきますので、巣の中にこの薬を貯蔵し、すべての蟻が食べ、仲間の蟻を含め女王蟻まで1日で死滅します。

食べているのを見ていると面白いように蟻が集まり、巣へと運ぶので、この薬の効果と威力が使った人ならわかるかと思います。家の材木をやられる前に退治してみてください。