ネギについていた小さくて黒い害虫の駆除方法

Pocket

ネギ 害虫

私の畑は、毎年、いろいろな野菜を栽培しております。その中でもネギは、比較的、害虫の被害は少ないのですが、3年前におきたできことについて書いておきます。

いつものようにネギの状態を見てみると、なんだか小さくて黒いような虫がびっしりとついていたことがあるんです。最初見た時に、アブラムシ?ダニ?かなり小さかったので見分けがつかず、虫眼鏡をもってきてよく見てみると、アブラムシでした。

普通、アブラムシって肉眼でみたら見分けがつくのですが、あまりにも小さかったので肉眼では、見分けをつけることができなかったほど小さかったです。アブラムシって、あっという間に大発生して野菜を吸汁していくので、被害が広がっていってしまいます。

このネギについているアブラムシって振動で土の中に落ちたりするので、全部を退治するのは難しいタイプになっています。ちょっとでもネギを触ったり、アブラムシをとろうとしても落ちてから、すぐに土の中と混ざってしまうので、なかなか見分けがつかなくなります。

そこで、このアブラムシを退治するスプレーを持ってきて、黒く集まっている場所にスプレーしておきました。次の日になると、アブラムシを退治することができ、ネギ全体を見てみると、まだ、黒くなっている場所があったので、その場所にスプレーしておきました。3日くらいネギの様子をみていたら、アブラムシは全滅したようだったので、ネギを守ることができました。

皆さんも、アブラムシを見たことがあると思いますが。数匹見た時に、スプレーしておかないと、あっという間に、大発生している状態になってしまった経験があると思います。早めに対策をしておたほうが野菜のためにも良いと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です