引っ越してきて害虫被害に悩まされた時の対処方法

Pocket

害虫が出る家

引っ越してきて家具の整理が終わったと思ったら、家の中の隙間からゴキブリ・ゲジゲジ・クモ・ムカデ・ダンゴムシなどが出てきてパニックになる方がいます。

私の近所に立花さんって方がいるのですが、その方も引っ越してきて害虫を見てパニックになった
一人です。私は、昆虫を調べるのが好きなので、害虫を見てもなんとも思わないのですが、虫が嫌いな人にとっては恐ろしい状態になり、夜になっても気になって眠れない状態が続くと思います。

私が昆虫に詳しいという話は、近所でも有名になっているので、立花さんからなんとかしてほしいと電話がきました。立花さんの家に行って、ライトをつけて床下に入ってみると、少し湿っている、トイレ・お風呂場・台所のまわりにたくさんの虫たちがあつまっておりました。

ここで、勘違いしてしまう人がいるとおもいますが、家の中に隙間があるからって、それをすべてふさいだとしても虫はどこからともなくやってくるものです。虫たちは、乾燥した場所を嫌いますので、むしろ家の中にある隙間は、そのままにしておいたほうがいいくらいなんです。

お風呂場、台所、トイレなどの場所からわずかに漏れる水が床下にいって、それが原因で虫たちの棲息しやすい環境をつくっているんで、それを改善しないかぎり、いたちごっこになります。

では、立花さんの家の場合は、どうやって害虫を退治したかといいますと、台所にある収納ボックスを取り除くと、床下には簡単にはいれます。床下に入ってからすぐ近くの場所に、このオレンジ色のバルサンを2つ置いて、煙りを出してから収納ボックスのフタをしめておきます。後は、2時間くらい放置しておきます。

これでほとんどの床下の害虫は退治することができます。ただ、かならず、オレンジ色のバルサンにしてください。赤や黒いバルサンでは効果がうすいので、こちらにしてください。

家の中の害虫を退治しても、外からまた侵入してくるのでは?と思って心配な方は、この害虫によく効く薬を家のまわりに、4月の半ば頃から10月頃まで、1月に1回くらいまいておけば外からの害虫も退治できます。この薬は、雨が降っても効果が続きますので、安心して生活することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です