バラにいるしつこいハダニを駆除する方法

Pocket

バラ ハダニ駆除

バラの花があると、どこからともなくやってくるハダニ。

ハダニとは、実はクモの仲間になっていて、体長0.1~0.8mmほどの小さな黄緑色の虫です。この小さな虫を肉眼で見つけることは難しいのですが、糸を吐き出す習性があるので、葉に薄い幕のような網があれば、ハダニが発生していることがわかります。

このハダニは、葉の表面や葉の裏側に寄生して、植物の養分を吸汁して生きております。
ハダニは、最初は数が少なくてもすぐに大繁殖します。この虫は、無性生殖、有性生殖のどちらでも繁殖することができ、1匹のメスからは、なんと100個以上の卵を産むことが可能になっています。卵から成虫へは、7日もあれば可能になっているので、あっという間に増えていくんです。

ハダニは、4月~10月ころによく見られ、20度~35度で高温で乾燥している環境を好み、梅雨明けには、爆発的に増えていきます。

ハダニがいるバラは、吸汁により生育が悪くなっていき、葉に白い斑点ができてきたり、色がかすれるようになってきたりして、光合成ができずに弱っていきます。

ハダニの駆除方法は?

バラの葉がうすい色になっていたり、葉っぱが凸凹してきたりしたらハダニがいますので、そのときは、このしつこいハダニを駆除する薬を使ってみて下さい。これは主成分が還元水あめで化学殺虫成分不使用なので、安心して使えます。スプレーされた部分にいるハダニを窒息死させるので効果抜群です。爆発的に増える前に使用するとバラの花をいつまでも美しくみることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です