白菜・ダイコン・キャベツがハイマダラノメイガの被害にあった時

Pocket

白菜害虫

白菜・ダイコン・キャベツを栽培していると、必ずと言っていいほど、ハイマダラノメイガの被害にあいます。これは、やはり近年の温暖化でメイガが活発になり、外敵も減ったためと思われます。

メイガの成虫の発生時期は、4月~11月ころまでとなり、1年を通して多く発生する害虫になるので、とても迷惑な蛾になります。この蛾が特に発生しやすい条件は、雨が少なく高温になると多くなるんです。

成虫は、葉の裏側に数個の卵を産み付け、やがて孵化した幼虫は葉を食害していくので、あっという間に穴らだけにしていきます。苗が小さい時に、この幼虫に食害されると株が枯死したり生育が悪くなったりします。

幼虫の数が少なければ若い葉を見つけて幼虫を探し、捕殺すればよいのですが、数が多いと手に負えない状態になっていることがあります。

夏場になると発生数も多くなり、かなりの数が葉を食害していきます。
自分の畑の幼虫を駆除しても、他の畑からどんどん飛来してくるので、知らない間に大量発生になってしまいます。

幼虫が食べた後は、葉が穴だらけになり、黒い小さな糞もたくさんありますので、すぐに分かると思います。

駆除方法ですが、成虫を駆除する方法は、4月ころになったらこのメイガ用フェロモントラップをセットしておけば、フェロモンでメイガ成虫を誘引し、粘着トラップで捕獲するので被害は少なくなります。

大量の幼虫の被害にあい、葉がボロボロになってしまったら、このメイガに効く薬1000倍に薄めて散布しておけば、すぐに退治することができます。しかし、おかしいと思ったら早めに散布しておくことをおすすめいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です