バラゾウムシが大量発生した時の駆除方法

Pocket

バラゾウムシ

皆さん、これ何だか、わかりますか?この虫、体長2mmくらいの小さなゾウムシで、バラゾウムシっていいます。近所の農家の人から家の中にたくさん小さな虫が出て困っていると言われたので、行ってみると、このバラゾウムシが大量に歩いているんです。そして、このバラゾウムシを触ろうとすると、下のようになります。

バラゾウムシ

なんと!?死んだふりをするのです。このバラゾウムシは、名前の通り、バラの花に多くいて、象の鼻のように伸びたストロー状の口でバラの葉やつぼみに穴をあけてエキスを吸います。穴の開いた葉は、そこから先に水分が行き渡らなくなり枯れてしまいます。毒を持っていないので、触っても平気ですが、なんと言ってもたくさんの卵を産むため、この虫がいるとかなりの数のバラゾウムシがあっという間に増えているのが現状です。

この虫の駆除方法ですが、最初は、ペットボトルに入れて、捕まえていたのですが、捕まえても捕まえても出てくるんです。100匹近く捕まえても、まだまだ出てくるんです。しかも、ペットボトルの中を見てみると、登ってくるんですよ。ビンに変えて入れてみても、同じように登ってきます。つるつるした面でも登ってこれるのは、とてもやっかいな虫だなって思いました。この虫が異常に発生した原因は何かと思い調査してみました。家の中を見ても何もなく、では、どこから増えたのか色々調べてみると、なんと倉庫に小麦の茅がたくさんあったんです。それをどかしてみたら、うわ~~いるわいるわ、かなりの数のバラゾウムシがたくさんいました。その数は、数えきれませんでしたが、3000~5000匹はいると思います。これは、捕っていてもきりがないので、この虫をいっきに退治する方法を考えてみました。これは、ガスで退治するのが一番良いと思い、このバルサンを使いました。(バルサンにも色々種類がありますが、このオレンジ色のバルサンを使ってください。)カメムシ・ムカデ・ゲジ・アリって書いてある物です。他のは効かないのでご注意を!

このバルサンを3つ買いまして、まずは、倉庫に1コつけて煙を出しました。次に、冷蔵庫の前の収納口を開けて、床下に1コつけて煙を出しました。あとは、台所近辺に1こつけて煙を出しました。ここは2F家になっていましたので、1Fのトイレのドア・風呂のドア・部屋の仕切りの戸はすべて開けてガスが行くようにしました。あと、火災探知機がある場合は、袋をかぶせて輪ゴムで止めておきました。(これをしないと火災探知機が煙で反応して鳴ります)2Fは、大丈夫です。この虫が家の中にいる場合は、水回りの近くに集まってきますので1FだけでOKです。あとは、外に3時間くらい遊びにいって帰ってくればよいです。帰ったら、確認してみるとわかるのですが、かなりの数のバラゾウムシは死んでおります。数匹うろうろしておりますが、2~3日もすれば、すべて死んでおります。気になるようでしたら、ペットボトルに洗剤を数滴入れて水を少し入れてから、その中に捕まえたバラゾウムシを入れてください。すぐに死にます。バルサンをたいてから3日たって行ってみたらすべていなくなっておりました。バラゾウムシは、どんどん交尾して増えていきますので、早めにすべて退治してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です