月次アーカイブ: 8月 2019

最近、私の知人のネギ畑が虫に食い荒らされているという報告を聞いたので、早速行ってみました。特に食い荒らされているネギ畑を念入りに調べてみると、体長1cmくらいの甲虫がいました。

この虫は、ハムシの一種で全体的に茶褐色で背中の粗い点模様と縦筋模様が特徴です。幼虫は黒くて全体的に黄色いような毛が生えており、指でつまもうとすると口から強いネギ臭のする液をはき出します。幼虫は、ネギの葉をどんどん食べていき、1ヶ月もすると成虫になります。
特に5~6月の時期には成虫と幼虫の両方の食害を受けやすくなっております。
成虫は体は小さいですが、交尾をして卵を産みつけていきますので、あっという間にものすごい数になります。また、この虫を食べる外敵もいないので、増えていってしまっているわけです。

早速、家に帰り、この虫に効果のありそうな、マラソン乳剤、スミチオン乳剤、オルトラン粒剤をそれぞれ試してみましたが、どれも効果がなく元気に動き回っておりました。これは、かなりやっかいな虫だと思い、今度は、ベニカXスプレーをかけておいたところ、ある程度効果があったのですが、葉を食べた後があり、多少の被害がでてしまいました。なんとかならないものかと考えていたところ、まだ、試していないスプレーがあったので、そちらを購入してスプレーしたところ即効でで効果が現れました。このスプレーは、ベニカJスプレーと言う名前で、毛虫にもかけたところ抜群の効果がありました。

あれから、2ヶ月ほどたちますが、ネギオオアラメハムシの姿は見かけなくなったと言っておりました。

友人の家にトコジラミが大量に発生した時のお話をいたします。
友人から夜に電話があり、体が痒くてしょうがない、体にも大きい赤い斑点ができているので来て見てくれないかと言うので、すぐに行ってみると、直径1cmくらいの赤い斑点が体にたくさんできてました。友人に何か最近変わったことはなかったか聞くと、何もないと言っておりました。

しかし、何もないところからこのような症状はでないので、食べ物アレルギーかネズミからのダニかなと思っていたところ、友人が、

「そういえば、半年前にオーストラリアに旅行に行った」

と言ったので、「あれ?もしかしてと思い!」ベッドの間、マットレスの間、畳の隙間を調べてみると、黒い糞がたくさんありました。これをみて私は、「これ!トコジラミだよ!」って言いました。友人は、びっくりして「なんで家にいるの?」って言ってきたので、おそらく旅行のバックなどに忍び込んで、この家で増えていったんだと思うと言いました。
トコジラミは、体長5mmくらいで、ハネがなく、色は、黄色っぽいものから赤褐色のものまでいます。人間の血を吸うと体内に入った血液が影響して濃い茶色になり、トコジラミの体も少し伸びるので人間の血を吸った後は、7mmくらいの大きさになります。成虫は、1日に5個くらいの卵を産み、一生のうちになんと300個くらい産卵します。幼虫はとても小さく見つけにくく、5回ほど脱皮を繰り返して成虫になります。成虫は、明るい場所を嫌いますので、暗いような場所を好み動き回っております。まして、寝るときには電気を消すので、自由に家の中を歩き回りますので、人間の血を求めて行動をします。

トコジラミに血を吸われると肌に1cmくらいの赤い斑点ができ、跡は2週間以上も残ります。また、このかゆみの強さったら眠れないほど痒くなります。この虫を、このままにしておくと、あっという間に、体中に赤い斑点ができ、恐ろしいかゆさで気がおかしくなってくると思います。
私はすぐに、このトコジラミ専用スプレーを購入してきて、ベッドの間、マットレスの間、畳の隙間、壁の割れ目、家具の隙間、ソファー等にまんべんなくスプレーをしておきました。するとすぐに被害は止まりました。
ねんのために4週間くらいたったら、また同じ場所にスプレーをしておいたところ、今では被害はなくなったと言っております。
このトコジラミ専用スプレーでスプレーしておけば、被害はでなくなりますので、海外旅行に出かけたことのある人で、体に赤いような斑点が出来ている人は、スプレーをしておけば、被害は出ないと思います。トコジラミが大量に増える前に対策をしておくと良いと思います。