野菜の病害虫

大根の葉を穴らだけにした害虫

今日、斉藤さん(近所の人)と畑で大根にいた害虫について話したのでお書きいたします。
今年は、大根の葉にも小さな穴がたくさん開いておりました。大根の葉の表や裏をよく見ていくと、黒くて小さな虫がいます。この虫を捕まえようとすると、「ポロリ」と地面に落ちてすぐにどこにいったかわからなくなります。

この虫の名前は、ダイコンサルハムシといって、黒くて光沢があるので、皆さんもすぐにわかると思います。この虫のことについては、以前、記載したのですが、また書いておきます。
この虫は、冬の寒さにはとても強く、寒い冬でも葉を見つければ食害していきます。成虫の寿命は、500日くらいもあり、生命力はとても強いです。生きている間に産む卵の数は、なんと1000個以上も産卵するので、駆除しないで放置しておくとものすごく大量に発生します。

この虫を見つけたら、しばらく観察するとわかるのですが、ハネがあるのにあんまり飛翔せず、歩行で活発に動き回ります。自分の畑の大根の葉が穴だらけになっていたら、近所の畑の大根の葉も見てみてください。同じように穴だらけになっているはずです。自分の畑の大根の葉に薬を散布しておかないと、あっという間にどうにもならないほど、穴らだけになっていってしまいます。

この虫を捕まえようと思っても小さくて地面に落ちるとわからなくなってしまいますので、駆除をするには、このダイコンサルハムシに効く薬を散布しておけば、飛翔して、葉にやってきた虫は、すべて退治することができます。

薬の使い方は簡単で、箱の中に入っている1袋を1リットルの水に溶かして、噴霧器で散布するだけでOKです。全体的にかかるように散布しておいて、数日たってから葉を見てみればわかると思いますが、葉の上で動かなくなっていたり、虫による食害がストップしているので、すぐに退治できたというのがわかるかと思います。薬の効き目も長いので、安心して野菜の成長を楽しみに待つことができます。私が見ていて思うには、やはり温暖化の影響で予想もつかないような害虫が大量に発生しているような感じに見えます。皆さんも大事に育てている野菜の葉が穴だらけにならないようにしていきましょう。

ほうれん草が大きくなってくる季節になりました。私の畑でもほうれん草をたくさん栽培しております。今の時期は、とても大切な時になりますので、小まめに葉の表と裏を見るようにしております。でも、ちょっと油断をすると、ほうれん草の状態が悪くなってきてしまうんですよね。

前に失敗してしまった事があるのでお話いたします。いつものように、ほうれん草を栽培していたのですが、他の作業が忙しく、何日もそのままにしておいたんです。久しぶりに、ほうれん草の様子を見に行ったら、葉に緑の濃淡がでてきていたり、葉がなんだか細くなって波打って、生育が悪化していたんです。これは、何がおきたのか、よく見てみたら、小さくて黒い大量のアブラムシがびっしりとついていたんです。このアブラムシが原因でモザイク病にかかっていたみたいです。

発病してしまった、ほうれん草は抜き取り処分して、残りのほうれん草には、アブラムシを駆除する薬をスプレーしたのでなんとか被害を少なくすることができました。アブラムシは、知らないでいるとあっという間にたくさん増えてしまっていることが多いので注意が必要です。アブラムシがついたほうれん草を見たことがある人なら、その数の多さにびっくりしたことがあるのではないでしょうか?

あと、たまにスーパーなどで購入したほうれん草に小さな黒い虫がついていることがあります。この小さな虫もアブラムシになります。初めて見た人は、すぐにそのほうれん草を捨ててしまうケースが多いですが、食べられるので、その時の対処方法を記載しておきます。

まず、ほうれん草を根元から切り、バラバラにします。手で触っても熱くないお湯をタライに貯めます。そして、ほうれん草を浸してから、ざっくりお湯を切ります。次に一枚一枚お湯に流しながら洗っていけば簡単に虫が取れますので、それから調理することができますのでやってみてください。せっかく買ってきた、ほうれん草を食べずに捨てるのはもったいないと思います。

知人の畑(中村さん)で奇妙な虫を見つけたので、お話いたします。中村さんは、ニンジンを大量に生産しているので、毎年、甘くて色の良いニンジンを出荷しております。その中村さんから「畑になんか変な虫がたくさんいるので見てくれないか?」という電話が来たので、すぐに行ってみました。

変な虫がたくさんいる場所を教えてもらいニンジンを見てみると、葉が食べつくされております。その近くを見てみると、「いた~~いました!」うわ~これ気持ち悪い形している虫だな~

大きさは、15mmくらいで、カミキリムシのような形をしており、頭部が赤く、首から下が真っ黒でハネに白い縦筋がはいっております。この虫を見て思い出しました!この虫の正体は、マメハンミョウだ!

マメハンミョウは、昔から危険な虫として有名なんです。何故なら、この虫は、体内にカンタリジンという毒をもっているので、この体液が人間の皮膚につくと皮膚がやけどしたみたいにただれてしまうのです。しかも、カンタリジンは斑猫粉ともいわれ、斑猫粉はトリカブトと共に毒薬として
利用された歴史があり、成虫4~10頭くらいで致死量に達します。

マメハンミョウの成虫は、土中に卵を産みつけますので、春から初夏になると幼虫が孵化して土から出てきます。幼虫は、バッタやイナゴを見つけると背中に乗り、しがみついて共に行動をします。そして、バッタやイナゴが産卵をするとその卵を食べて大きくなります。
成虫になるとニンジン・白菜・大豆・インゲン・アズキ・ナス・トマトなどの葉を見つけて食い荒らします。

成虫は、日中活発に活動をし、羽化後1週間くらいで交尾して、土中に100卵粒くらいの卵塊を産卵します。バッタやイナゴが多いとこの虫が大量に発生する傾向があります。

中村さんの畑の周りを調べてみるとバッタがかなり多くいたので、これが大量発生した原因にもなっております。子供がこのことを知らないで、マメハンミョウを捕まえてしまうとかなり危険なことになりますので、すぐにマメハンミョウに効く薬を散布したところ、翌日には全滅しておりました。私は、子供の頃にこの虫のことを知らないで、虫を捕まえたら、体液が腕についてひどく皮膚がただれた経験がありますので、注意してください。

ダイコンサルハムシ

うちの近所の畑(斉藤さん)の白菜に人が集まって話をしていたので行ってみると、白菜が穴だけになっておりました。斉藤さんは、「こんなになるまで気がつかなかったけど、いったいなんの虫がやったんだろう」と言っていたので、私が教えてあげることにしました。

これは、前回記事にした虫とおんなじ虫の仕業になります。そう!ダイコンサルハムシの幼虫と成虫が葉を食い荒らしていました。白菜の被害を見ると3分の1ほど葉を食い荒らされており、まだ、中央の白菜までは被害が進んでないので、急いで、駆除することにしました。
荒らされている状況をみてから判断したのですが、虫は100匹近くいるような状態です。この近くの畑を見ても、やはり、この虫の被害があり、全部の虫の数を数えたら1000匹は超えていると思います。

今年は、ダイコンサルハムシの被害が多いね~って、皆に言いましたが、この虫の名前を知っている人はいませんでした。モンシロチョウか毛虫がきて食べたような感覚になっていたみたいです。そこで、畑で、この虫の生態について前回と同じように教えてあげました。

ダイコンサルハムシ

虫は黒藍色で光沢のがあり、さわろうとするとポロッと地面に落ちてわからなくなります。この虫は、寒さにはかなり強く、冬でも暖かいと葉を見つけて食害しております。成虫の寿命は500日くらいあり、かなり生命力は強いです。生きている間に産む卵の数は、1000個以上産卵するので、放置しておくと大量に発生してしまうことになります。ダイコンサルハムシは、ハネがあるのにあんまり飛翔せず、歩行による移動がほとんどで、活発に動き回ります。

と、皆に詳しく教えてあげると、虫の名前とこのままにしておくと数が増えて危険ということは、つたわったみたいです。駆除の仕方も教えてあげることにし、このダイコンサルハムシに効く薬1袋を1リットルの水に溶かし、こうやって畑に噴霧器で散布してあげれば、すべての虫を退治できると教えてあげました。今年は、この虫の数が圧倒的に多いので、これから作る野菜にも薬を散布しておけば大丈夫なことを教えてあげました。

しかし、ほんと今年は、この虫が多いですよ。

2件のコメント

小松菜

友人から電話があり、畑に来てくれと言うので行ってみると、小松菜の葉が穴だらけになっていました。葉の裏面を見てみると、黒い幼虫が葉を食べておりました。成虫も葉の表面にいたので見てみると、黒藍色で光っている虫です。

友人は、「この虫は何?」と聞かれたので、これは、ダイコンサルハムシといって、放置しておくと大量に発生する虫だといいました。
この虫は、約5ミリととても小さいのですが、大量に発生して、成虫、幼虫とも葉を食害していきます。幼虫は葉裏から食害していき、成虫は表から食害していきます。知らないでいると葉脈だけ残してあっという間に食い尽くされてしまいます。

小松菜

成虫は黒藍色で光沢のがあり、さわろうとするとポロッと地面に落ちてわからなくなります。この虫は、寒さにはかなり強く、冬でも暖かいと葉を見つけて食害しております。成虫の寿命は500日くらいあり、かなり生命力は強いです。生きている間に産む卵の数は、1000個以上産卵するので、放置しておくと大量に発生してしまうことになります。ダイコンサルハムシは、ハネがあるのにあんまり飛翔せず、歩行による移動がほとんどで、活発に動き回ります。

この虫が野菜を食い荒らしていたら、すでにかなりの数のダイコンサルハムシがいると思ってください。驚いたことに近所の畑の小松菜を見たら、葉が食い荒らされていたんです。近所の畑と友人の畑の被害を見たらダイコンサルハムシが成虫と幼虫を入れて500匹以上はいるだろうと思いました。

この虫は、小さくてすばしっこくて、捕らえようとするとポロッと落ちしてしまうので、駆除は困難になります。そこで、この虫の効果的な駆除方法ですが、このダイコンサルハムシに効く薬を使います。これは、10袋入っているので、1袋を1Lの容器に入れて混ぜれば良いだけです。私は、この噴霧器に水を入れて1袋入れて混ぜてから使っております。壊れにくいので個人的には良いと思います。混ぜたら後は、葉が食い荒らされている野菜に全部かけておけば、すぐに駆除できます。被害にあっていない野菜にもすべてかけておきましたので、安心して野菜を栽培できます。

友人の畑の虫を駆除してから、その近所の畑を見て回ったのですが、ほとんど同じ虫に食い荒らされておりました。こんなにこの虫が大量に発生した年は、珍しいですね。