野菜の病害虫

キュウリ 炭疽病

私の家のキュウリは、現在、小さな新芽がでており、これから大きくなるのを楽しみに待っております。今年は、気温が高く梅雨も長いような気がいたします。こんな状態の時に気をつけなくてはいけないのが、炭疽病というものです。

炭疽病は、カビが原因になっている病気になります。これにかかると、キュウリの葉に病斑があらわれ、縁が灰白色のような円形の斑紋がでてきて、中央部の色がだんだん薄くなり、黒い粒粒が見えてくるようになります。
この状態になると、とても破れやすくなっているので、葉に穴があいている場所もでてくるようになります。

キュウリの実の部分に発症した時は、小斑が大きくなり、やがて窪んでしまいます。乾燥していると黒色の粒になっているんですが、湿度が高くなると赤褐色の粘液状の胞子があらわれてくるようになります。

これを治療せずにそのままにしておくと、葉・茎・花に発症し、病斑も大きくなっていき、枯れていくような状態になっていきます。果実に発症した時は、やがて腐敗して落下していくようになります。

炭疽病を治さずに、そのままにしておくと、どんどん被害が広がっていき、キュウリの収穫量が減っていってしまうので早めに見つけて対策することが重要になります。

炭疽病は、水はけの悪いような土壌で多湿になっていると発生しやすくなっております。もし、発病した株を見つけたら、葉の上からの水やりはやめてください。葉水は病気がとても広がりやすいんです。

発病してしまった時の対処方法ですが、発病した葉は枝ごと切り取って処分してください。
水はけをよくし、窒素分の多い肥料はやめてください。そして、水やりは株元から行うようにします。

被害がこれ以上に広がらないように、このキュウリの炭疽病に効く薬を1000倍に薄めて全体に散布してください。
この薬は、一度、散布しておけば、耐雨性に優れているので、病気から、きゅうりを守る力があります。散布したあとも、キュウリの葉に汚れもつかないので、かなりおすすめな薬になっていますので、参考にしてください。

カボチャの葉

今の時期は、カボチャを栽培している人は多いと思います。私のところでもカボチャは栽培しており、今年は、竹で1.5mくらいの高さの網目の棚を作って、そこへカボチャのツルを誘導して、ブドウみたいに宙ぶらりんにしてみようかと思っております。こうした方が、地面にねかせておくより甘みが増すみたいです。

カボチャを栽培している人は、見たことがあると思いますが、茶色い小さな甲虫で、葉を食害して穴らだけにしてしまう「ウリハムシ」ってのがいるのですが、この甲虫をそのままほったらかしにしておくと、あっという間に葉を穴だらけにしてしまいます。

ウリハムシの成虫は、体長8㎜くらいで、自分たちの好物の葉を見つけると、葉脈を残して葉を円弧状に食害し、ほとんどの葉を穴だらけにしていきます。今年は、かなり暖かいのでウリハムシは活発に活動しており、近所の町田さんのカボチャを見てみると、やはり、ウリハムシがたくさんいて、葉を穴らだけにしておりました。

私は、町田さんに、このままにしておくと、カボチャの葉が、あっという間に穴だらけになって、カボチャの生育が悪くなるよっていいました。

「どうしたらいいのかな?」って言ったんで、すぐにこのウリハムシに効く薬を見せてあげて、これを散布すれば、あっという間にいなくなるよって言って、使い方を教えてあげました。

これは、箱の中に、10袋の薬が入っているんで、それを1袋だし、1リットルの噴霧器 に入れて、水を入れてから、少しふって混ぜます。後は、カボチャに軽く散布するだけです。

この薬を散布するだけで、ほとんどの害虫は退治することができます。最近は、温暖化の影響で、かなり暖かくなってきたので、害虫もすみやすい環境になってしまってきているので、かなりの数で畑の野菜を荒らすようになってきております。

人の畑の葉が荒らされていたら、すぐに自分の畑も荒らされると思って対策をしてください。ウリハムシは、身軽でよく飛び回るので、捕殺しよと思っても、なかなかすべてを退治することは無理です。この薬をまいておけば、安心してカボチャを育てて収穫することができます。

今年もよいカボチャができるように、害虫から野菜を守り、がんばりましょう。

枝豆 灰星病

枝豆が好きで、畑で栽培している人は多いと思います。今年は、雨が多いような年になっているので、このようなときに気をつけないといけないのが、灰星病というものになります。

この灰星病は、カビによる病気でマメ科の野菜に多く発生します。この病気の初期の症状は、枝豆の葉に灰白色の斑点が現れてきて、やがて葉全体に広がっていきます。
ずっと、そのままにしておくと、黄淡色の大きな病斑になっていきます。
この状態が続くと、干からびていき、生育も悪くなっていきます。

私の畑でもなったことがありますが、梅雨の6月~7月頃に発病がはじまり、気温が上がって湿度が下がるころまで続きます。しかし、近年の温暖化や雨が多いような年は、5月の末ころには、灰星病になってしまう枝豆もでてきます。

この病気は、カビによる病気なので、一度出てしまうと、再発する可能性が大になります。
このカビは、古い株などを処分しないことで、カビが冬越しして春になると胞子がでてくるので、そこから繁殖していくようになります。

灰星病が発生してしまうのは、枝豆を栽培するときの畑の水はけが悪い状態や、以前に植えた枝豆
の処分を適切にしていないことや、高温多湿の気候が続いていることなどで発生します。

これを防ぐには、発病した枝豆は、早めに処分して、被害が拡大するのを防ぐようにします。
畑を高畝にして水はけをよくする工夫をします。密植を避けて、風通しを良くし、適度な湿度を保つようにするとよいです。

もし、あなたの畑で、枝豆の葉に白い斑点のようなものが出てきてしまったら、発病した枝豆は、早めに処分し、まわりの枝豆には、この灰星病に効く薬を600倍に薄めて、まわりの枝豆に散布してください。この薬をまいておくことによって、カビの菌は、ほとんど退治することができます。

カビが畑全体に広がってしまうと、やっかいなことになりますので、早めに薬をまいておけば、大丈夫です。参考にしてください。

 

ミニトマト

ミニトマトをご家庭で栽培している人は、多いと思います。私の家や近所の人も、ミニトマトは必ず栽培して、できたものを収穫して食べております。
トマトは、原産地が南米のアンデス高原になっています。ここの気候は、乾燥していて日が良く照り、昼夜の気温差がある環境になっているので、同じような環境だと、よいミニトマトができます。

私の畑では、甘いミニトマトを作るために、排水をよくしてあげて、雨よけをして水分をコントロールしているので、毎年、甘いミニトマトができます。
はじめてミニトマトを栽培してみようと思う人は、千果、ピンキー、ミニトマトキャロルパッションなどがおすすめになります。これらは、丈夫でとても育てやすい品種になっているので、はじめての人でも成功すると思います。

しかし、今年は、すでに天気の様子がおかしいので、なんとなく雨が多い年になると思います。雨が多くなって注意しなければならないのが、青枯病です。青枯病は、上部の葉から萎れはじめていき、昼間に萎れて、夜になると回復するような状態を数日間繰り返します。
これを繰り返していると、徐々に株全体に広がっていき、すべて駄目になっていきます。

ご自分で栽培しているミニトマトの上部の葉が萎れはじめてきたら、この青枯病に効く薬を500倍に薄めて散布してください。この薬は、ミニトマトの治療だけでなく、植え付け前に予防的にまくことで、病気を防ぐことができます。今年は、空を見ても天気がおかしいのは、皆さんもわかると思います。早めに薬を散布しておき、病気の予防をしておきましょう。

カブ

カブは、アブラナ科になっており、生育適温は、20℃前後になっております。
カブの根や葉には、ビタミンA、B2、C、カルシウム、食物繊維、鉄などが豊富に含まれています。
この野菜は、和・洋・中華のどの料理にも使えるので、自分の畑で栽培している人は多いと思います。根菜になっているので、葉を害虫に食害されると収穫に諸に影響してきてしまいます。

私の近所の町田さんも4月頃に畑に種をまき、6月になると収穫してJAに出荷しております。この町田さんの畑にも害虫が大量に発生した時があります。

3年前だったと思うのですが、「葉に害虫が来ているみたいなので見に来てくれないか」と言われたので、行ってみました。すると葉に白い筋のようなものがたくさんできていたので、エカキムシだというのがわかりました。

エカキムシは、ハモグリバエやハモグリガ等のことをいいます。これらの幼虫は、葉にもぐっていき、葉に模様をえがくように食害して、白っぽい筋状の痕をつけるためにエカキムシと言われております。どのような種類のエカキムシがいるかは、以下に記しておきます。

ハモグリバエ:テンサイモグリハナバエ・ナモグリバエ・ネギハモグリバエ・マメハモグリバエ・トマトハモグリバエなどになります。

ハモグリガ:ギンモンハモグリガ・モモハモグリガ・ヒルガオハモグリガ・ミカンハモグリガ等になります。

以上のことから、これだけエカキムシの種類は数多くあり、4月~11月までさまざまな野菜に発生して被害がでてきております。
特に野菜の生育期に発生が目立ちますので、この時に対策をしていないと、畑にある野菜はだめにされて収穫ができなくなってきます。

町田さんのところは、このエカキムシだけかと思ったら、葉に小さな穴がたくさん開いておりました。葉の裏を見たら、テントウムシを小さくしたような感じで、黒く光っている甲虫!そう、ダイコンサルハムシがいました!

この虫は、成虫も幼虫も葉を食害していき、小さな穴が開いたように食害していくので、あっという間に葉をボロボロにしていきます。
ダイコンサルハムシは、成虫の寿命が長く、産卵する卵の数も異常に多いので、気がついたときには、畑にある葉がほとんどやられているような状態になるんです。しかも、自分の畑にこの虫がいるってことは、ほかの畑にもたくさんいる確率が高いんです。

もし、小さな穴がたくさん開いていたら、よその畑も見てください。きっと同じように穴だらけになっているはずです。成虫は、捕まえようとすると、ポロっと落ちるので、あとはどこにいったかわからなくなります。ですから、駆除は大変になってくるんです。

そこで、カブの葉がでてきて、葉に白い筋や小さな穴が開いていたら、このハモグリガとダイコンサルハムシに効く薬を2000倍に薄めて散布してください。これを散布しておけば、飛んできたダイコンサルハムシは、すべて駆除することができます。あと、エカキムシにも効きますので、安心してカブを栽培することができます。アブラナ科の野菜は、害虫がくる確率が高いので、早めに対策をしておくほうがよいのです。

近年、温暖化になってきておりますので、野菜の種まきも早くなり、葉がでてくるのも早いとも思いますが、害虫もまた、それにあわせて早く出てくるようになってきておりますので、参考にして下さい。