野生動物の駆除

2件のコメント

近年、畑を荒らす動物たちが増えて、多くの被害がでております。畑を荒らす動物はたくさんおりますが、特に被害が大きいのが鹿になります。昔は、鹿は猟師が山に行って捕っていたので、畑を荒らすような事はなかったのですが、猟師の高齢化とともに鹿を捕る人たちが激減したため、山には、たくさんの鹿が生息するようになりました。山に行ってみると、木の皮を食べているので、たくさんの木が枯れていき、山に対する問題も深刻化してきております。鹿も、木の皮を食べているより、人里に行って、畑にある、大根・蕎麦の実・枝豆・キャベツ・にんじん・小松菜・チンゲン菜・キュウリ・とうがん・ブロッコリー・レタス・サラダ菜・ほうれん草・ミズナ・エンサイ・白菜・セロリ・サツマイモ・カボチャ等を食べている方が美味しいので、なんでも食べ、とても厄介な動物になります。しかも、これらを食べた鹿は、山にあるものより美味しいと覚えてしまうので、毎回、来るようになります。鹿は、他の野生動物と違って特に特殊な能力があるわけでもないのです。たとえば、

猿は、木に登り、頭もよい、そして、すばしっこい

イノシシは、堅い毛に覆われていて牙もあり、万が一の時は人を襲う

熊は、強い腕力と鋭い爪があり、かむ力も強い

など、それぞれ身を守るために強い能力があるのですが、鹿は、特にこれといったものがなく、強いて言えば、脚が長いので逃げるのが速いといっただけで、あとは、目・耳・鼻とバランスがとれている動物になります。人間を見ても、なかなか逃げないし、しかも、この鹿を駆除するには免許が必要になるので素人は、爆竹・ロケット花火・電気柵・ネット・フラッシュライトなどを使って一時的に追い払うことしかできないのです。一時的に追い払っても、夜になるとまた、やってきて畑の物を平気で食べているような状態になっております。

爆竹やロケット花火は、鹿も一時的に逃げますが、夜になるとやってきますので効果はない。

電気柵は、鹿の体にあたっても効果がなく、ちょっとした隙間があれば、そこから入ってきます。

ネットは、鹿がくぐりぬけて入ってきて、運が悪いと、そのネットに鹿が絡まっていて、それをほどくのを業者に依頼するので、お金がかかるようになる。

フラッシュライトは、一時的にびっくりするだけで、危険ではないと判断するので、しばらくするとやってきます。

では、鹿を追い払う方法は、ないのでは?と思っている人は、多いと思います。でも、そんな鹿たちに危険と判断させる方法が、実は、あるんです。山に行って鹿たちの行動を観察してみると、鹿は、群れから離れた子鹿を呼ぶときは、ピーピーと遠くの山までとどくような鳴き方をしております。ところが、熊が、近づくとピッ!ピッ!と甲高い音で鳴いているのです。畑で鹿を追い払っているときに、聞いたことありませんか?この甲高い音は、仲間に危険を知らせる音になりますので、これを聞いた鹿たちは、一斉に逃げていきます。鹿たちは、自分たちを襲う物が現れると危険と判断し、甲高い音を出し、逃げていくんです。熊は、鹿は食べないのでは?と思っている方もいるでしょうが、それは違います。たまには、熊は鹿も襲って食べているんです。熊が鹿をとると、まず、風通しの良い尾根線に鹿を運んでいきます。そして、鹿の肉が腐ってから食べるんです。熊は、生肉を食べず、腐らせてから食べる習性があるんです。では、熊を使うのか?と思うでしょうが、それも違います。鹿も、山では、いろいろな臭いをかいでおります。山に行くと雄の鹿は、マーキングをしておりますので、マーキングがしてある場所は、かなりの臭いがします。メスの鹿も雄の鹿も犬と一緒で、あるきながら臭いをかぎながら動いております。この臭いをかいでいるときに危険と判断させる方法があるんです!実は、この狼尿(ウルフ)のおしっこの臭いを鹿がかぐと危険と判断し、甲高い音をだし一斉に逃げていきます。大型の動物たちは、それぞれの動物の臭いをかぎながら自分の身を守って生きております。イノシシにしても、熊にしても、鹿にしても自分の縄張りに対しては、決まった場所にマーキングをしております。それで、他の仲間や動物たちが近寄らないようにしているんです。犬なんかを散歩に連れて行くと、あっちこっちの臭いをかいでますよね?あれは、それぞれの犬がマーキングをしていくので臭いをかいだ犬は、自分の存在を知らせるためにマーキングをしていきます。これは、犬同士の話になり、ここに野生の動物がマーキングをした場合は、危険と判断し、犬もその場所は警戒するようになります。しかし、近年の犬や猫は、ペット化してきているので防衛本能がなくなって来ているのも現実です。でも、鹿は、野生で生活しているので、自分が行く場所に、自分たちを襲うような危険なマーキングがしてあると危険と判断し、逃げていくようになるんです。狼は、肉食動物になりますので、その尿を畑にセットしておくと鹿も危険と判断し、甲高い音を出して一斉に逃げていきます。狼は、昔は、山にたくさんいました!そのとき、狼の獲物になっていたのは、鹿になっております。この狼から逃げるには、狼のマーキングの近くには近寄らないということを鹿は昔から学習しております。この、狼尿(ウルフ)を畑にセットするのは、簡単で、これが届いたら専用容器がついているので、これに狼尿を入れて、山の方にある畑に杭を打ち込んでつるしておくだけです。鹿は、必ず、山から来て山に帰っていくので、畑の四隅に杭を打ち込んでつるしておくだけで逃げていきます。間違いなく、臭いをかぎますので、これをかいだ鹿は、甲高い音を出して一斉に逃げていきます。しかも、狼の縄張りと判断するので近寄らなくなります。この狼のおしっこは、他の大型の動物に対しても効果があるので、かなり便利なものになります。

マンションにいるネズミを駆除するには、どうしたらよいのか?という相談を受けました。そこで、皆さんが知っておかなければならないのが、ネズミの種類について、どんな種類がいるのか、理解しないといけないのです。まず、ネズミについて解説します。これを理解した上で、対策にのぞむと駆除できます。

私たちの住んでいる場所に多くいるネズミは、ハツカネズミ、ドブネズミ、クマネズミの3種類になります。

ハツカネズミは、体も小さく、どんな場所にでも入っていけます。このネズミが多く発生するのが、倉庫や物置になります。壁の割れ目・屋根の間・シャッターの隙間から入っていきます。

ドブネズミは、体が大きく、床下や家の基礎の隙間、台所、トイレのまわりなどにいることが多いです。湿気に強いので、湿気が多い地方に多くいます。

クマネズミは、とても身軽なネズミで、高いところから簡単に侵入してきます。垂直な壁も登ることもできます。電線を使って綱渡りし、屋根の隙間、排水パイプ、エアコンの室外機などから侵入し、家の中に入ってきます。

この中で、マンションに80%以上の割合で生息しているネズミは、クマネズミになります。このネズミは、スーパーラットと呼ばれており、とても賢く、もの覚えも良いです。人間の設置した罠などには、あんまりかかりません。

クマネズミが、マンションにいると、朝と夕方の決まった時間に天井裏からバタバタとネズミの走るような音が聞こえてきます。音がしないときは、他のエリアにいっているときになるので静かなのです。このネズミは、縄張りをとても大事にするネズミになりますので、自分の縄張りの場所はすべて確認しにいっております。生殖活動が活発に行われるのは、春と秋で、3週間くらいの妊娠期間をもって、一度に6匹くらいの子供を産みます。生まれた子供は、2ヶ月とちょっとで大人になり、次の子供を産むようになります。しかし、1年を通して温度変化がないマンションを住処にした場合、繁殖は1年中行われます。このため、今、あなたのマンションにネズミがでているって
ことは、そうとうな数のクマネズミがいるのです。

クマネズミは、雑食性ですが、他のネズミと違って、米や芋、果物などの穀物を好んで口にしております。あと、油も大好きになります。台所のガス台の下にアルミホイルを敷いている家庭は多いと思いますが、それをところどころかじっていませんか?このネズミは、油が好きなので、アルミホイルも一緒に食べてしまっているのです。

このネズミが、毎晩、人間が寝た頃に台所に出てきて食べ荒らし、糞を通り道にしていくので、衛生的にとても悪くなります。また、マーキングもしていくので、そこらへん中が臭くなっていきます。天井裏に侵入して確認してみると、ものすごい量の糞が散らばっており、どうにもならない状態になっているものです。これを放置しておくと、サルモネラ菌、レプトスピラ菌、ペスト菌、鼠咬症など、発症するとかなり重症になる病気になるため深刻な問題になります。このネズミには、イエダニやノミも体についているので、体から落ちたイエダニやノミが人間を襲い、襲われた人は、体のあちこちが赤くなり痒くなっていきます。

クマネズミが、スーパーラットと呼ばれているのは、何故かといいますと、

1:どこでも登って家に侵入できる。

2:とても賢く、人間の用意した罠にかかりずらい

3:赤い米の毒エサを食べても死なない

になっているので、スーパーラットと呼ばれております。

では、管理人に言えばいいのかといいますと、自分の部屋でネズミが出た場合、建物内から侵入した可能性が高く、配線や配管の貫通部がつながっているほかの部屋にもネズミが来ていることも考えられます。そのため、建物全体を確認する必要があります。しかし、専門業者を呼んだ場合、ネズミが発生した責任は管理人側か住人側か判断するのが難しく、場合によってはどちらに代金を請求するのかというトラブルの元となることもあるようです。もしも責任問題でトラブルになった場合は、弁護士など法律の専門家に相談するような状態になり、面倒なことになっていくみたいです。

ここで、では、自分の住んでいる部屋だけ、ネズミがでないようにするため、市販の、ネズミ駆除器を使って電磁波や超音波を流せばいいのではないのか?と思いますよね?これを使えば、最初はネズミも逃げて静かになります。ところが、このクマネズミは、学習するんですよ!ある一定の場所からこの電磁波や超音波が流れていれば、同じ場所から信号がでているので、自分たちに危害はないと!それを理解するとまたやってくるんです。そう、今度は、駆除器があっても平気でやってくるようになるんです。どんなことをしても学習していくやっかいなネズミなんです。

では、どうにもならないのか?と思うでしょうが、実はあるんです!彼らにも弱点が!

しかし、それをするのには、少し作業をしなくてはいけません!

これからいうことは、とても大事なことになります。あなたの部屋だけにいるネズミを駆除しても駄目なんです!他の部屋のネズミがまた、やってくるのです!では、どうすればよいのかといいますと、これをつくります!

毒エサです!しかも、彼らに対して有効な毒エサになります。何故、毒エサかといいますと、クマネズミは、遠くの物でもよく見えます。頭も良いです!しかし、近くのものは、あんまり見えないんです。近くのものを判断するのは、鼻をつかって臭いをかいでいるんです。ここが弱点になります。

でも、毒エサを食べたネズミは、部屋の中で死ぬのではないのか?と思っているでしょうが、それは平気です。これを食べたネズミは、数日にかけて内出血をおこし体が弱くなり、目や足がおとろえていき、一度、外にでるので、そのときになくなるのがほとんどです。彼らの縄張りは、マンションの外にもありますので、必ず外にも行きます、毒エサを食べたネズミは、マンションから出たら登ってくる力がなくなってしまうのです。

ここからは、少し手間がかかりますが、つくっていきましょう。とても簡単です。

まず、デスモアプロを購入してください。これを購入し、箱を開けると、紫色に入った袋が12個あります。それを一つだけとり、ベランダに出て平らな所に置き、上からハンマーで全体を軽くたたいていきます。中は小さい粒のようなものがたくさん入っておりますので、ハンマーでたたくことによって粉になっていきます。強くたたかないでくださいね。袋が破けてしまいます。

次は、サツマイモかジャガイモどちらもでいいので、購入してきてください。人間が食べているものです。なるべく良いものにしてください。買ってきたら、フライドポテトを作るように、細長く切っていきます。そして、それを油で揚げてください。できたら、いったんリードを置いた皿の上にあげて冷ましてください。冷めたらフライドポテトを袋に入れて、ハンマーでたたいたデスモアプロの袋を切り、袋の中のフライドポテトの中に入れて、シャッフルして、全体に薬がまわるようにしてください。完成したら、ネズミの糞があった場所がありますよね?そこが通り道になっていますので、新聞紙を軽く置いてから、その上に毒エサをおいてください。必ず、食べますので、しばらく置きっ放しにしてください。食べたら、また、同じようにつくってどんどん食べさせてください。すべてのネズミが食べるようにどんどん食べさせます。すると1週間もすると、驚くほど静かになってきます。台所のマーキングの臭いもなくなってきます。毒エサは2週間くらいおいておていも平気なので食べるまで置いてください。クマネズミに対しては、デスモアプロを使った毒エサが一番効果がありますので、一刻も早く退治してください。クマネズミに関しては、早く退治しないと、とんでもない数になり、衛生的にも悪くなり、人間に対しても害がでてくる深刻な問題になります!お急ぎください!

補足:つくるのが面倒だからといって、デスモアプロの袋の上から油をかけて、それを台所に置いても食べませんよ。彼らは、とても賢いのです。

9件のコメント

今年の、春に知人から、竹林にイノシシが出て困っているとの連絡がありました。早速、行ってみると、竹林の地面が掘り返されておりました。まず、驚いたのが、地面から30cmも下のタケノコを見つけて、それを掘り出し食べているのです。何故、いのししは、このようなことができるのだろうと思いました。犬の嗅覚でさえ、地面の中の匂いまではわかりません。そこで、イノシシの嗅覚を調べてみると、犬の何倍もの嗅覚があることがわかります。地面の中の匂いまでわかるということは、人間や犬までもわからないような、かすかな匂いもわかってしまうことになります。だから、どんなに遠くにいても、その匂いがする方へ行き、食べ物を探し出してしまうことがわかりました。これをなんとかする方法はと、いろいろ考えていると、もしかして、この鋭い嗅覚が弱点になるのだろうと思い、イノシシが嫌がる匂いを調べてみました。すると、唐辛子、ショウガ、シソ、白ネギ、ミント、ニンニク などになり特に唐辛子は、嫌がるみたいです。唐辛子には、何が入っているのか調べてみると、カプサイシンが多く含まれております。人間がこれをなめると辛いという感覚が襲ってきます。動物がこれを舐めると辛いという感覚ではなく、痛いという感覚が襲ってきます。私は、これだなって思いました。このカプサイシンが入っている便利なものはないかと調べてみると、やはり、ありましたね!すぐに、イノシシ用に開発されておりました。まずは、この長谷弘工業 イノシシなぜ逃げる? 10シートイリ HBI-10を5つ購入しました。知人の竹林が広いのでこのくらいは必要になりますので、シートは50枚になります。それを以下の画像のようにして、ひもを張り、シートをセットしていきます。その下にさらに、いろいろな種類の唐辛子が入っている強力なカプサイシンの粉を購入して、ひもの下にまいていきます。何故、この粉をまくかというと、イノシシは地面の匂いをかぎながら移動するので、これがまいてあることによって鼻に直撃します。鼻からこの粉が入ると、強烈な痛みに襲われるため、このようにしたのです。竹林を荒らし放題したイノシシに罰を与えるためにこのようにいたしました。

イノシシ撃退

セットして、数日してから知人のもとを訪れてみると、翌日からこなくなったみたいです。私が、竹林に行ってみると確かに被害はでておらず、タケノコも地面からでてきておりました。竹林に近い山の中を調べてみると、来た足跡がありますが、あきらめて戻ったみたいです。鼻にカプサイシンの粉が入れば、ものすごい痛みに襲われるので、痛みを覚えた、いのししは近寄ることができないでしょう。この噂を聞いた人が、畑にくるので困っていると言われたので、その人の場合は、以下のようにしてセットしてみました。

イノシシ撃退方法

畑の周りに、杭を打ち込み、ひもを張ってから、シートをつけていきます。ひもの下には、カプサイシンの粉をまいていきます。これをしたところ、やはり翌日からこなくなって畑の中は荒らされていなくなったそうです。かなり、いのししには効果があるとわかりました。電気柵をセットしている人もいますが、それをくぐり抜けてくるイノシシがいます。電気柵の場合は、いのししの鼻に電気が流れないと効果がないんですよ。イノシシは分厚い毛皮に覆われているため、体に電気の線があたっても効果がないためくぐり抜けてきます。そういう場合は、上の図のように、シートをつるしていけば、かなりの効果があります。罰を与えたい人は、カプサイシンの粉を下にまいておけば、イノシシにいままでの恨みを晴らすことができるでしょう。

4件のコメント

カラス退治に効果のある方法

カラスと言う鳥は、とても賢く、学習能力も高い動物になりますので、カラスを追い払うのはかなり、困難かと思います。
カラスは、リーダーを中心に動いている群れになっており、自分たちの縄張りは決まった時間に訪れ、縄張りに強い鳥がはいってこようものなら集団で追い払う、しっかりとした社会になっております。
前に鳶が縄張りに入ってきたときに、すぐにリーダーと強いカラスが数匹で攻撃し、追い払っている姿を見たことがあります。 彼らをよく観察してみると、一番高い場所にいるのがリーダーで、次の高い場所にいるのが幹部になっており、下の方にいるのが群れいている家族になっております。彼らに何か問題がおきないように、常にリーダーが見張っており、何かあるものならすぐに連絡をするようになっております。
カラスは、お互いに鳴き声で連絡しており、行動を観察すると体を上下に動かし口を開けて鳴いているのですが、声がまったく聞こえないときがあります、それは人間には聞こえない音で遠くのカラスを呼び寄せます。
実は、前に子供のカラスを保護している人がいたのですが、その人がカラスに言葉を教えたところ、なんと!?しゃべったそうです!子供が大人になり野生に返したのですが、その人に懐いてしまって、車に乗ってもどこまでもついてくるようになったそうです。人間を見分ける能力があり、上空からその人の車も見分けることができる!カラスは、ある程度の色や形も判断でき、学ぶことができる鳥なのです!褒めているわけではありませんが、これほどの能力がある鳥です。

さて、この学習能力があるカラスをいかに追い払うかですが、彼らの弱点は何かといいますと、

1:ロケット花火ですか?いいえ、一時的には逃げますが、すぐに戻ってきます
2:エアーガンですか?いいえ、弾が届かない場所まで逃げてこちらを見ております
3:紫外線プレートですか?紫外線プレートもかなり効果がありますが、同じ所にあると危険ではないと判断して戻ってきます。あと曇っていると効果は少ないです
4:黒い袋やカラスの死骸模型ですか?いいえ、一時的には効果がありますが、同じ場所にあると戻ってきます
5:レーザーポインタですか?かなりいいですが、レーザーポインタは夕方の暗くなった時にしか効きません
6:害鳥撃退器ですか?これも効果がありますが、動かないので危険ではないと判断し、すぐに戻ってきます

では、何が効果があるのかといいますと、カラスが恐れる鳥がもっとも効果があるのです!その鳥とは、実はフクロウになります!しかし、フクロウをペットにして飼うと購入代金も高いし、エサ代もかかります。そこでこのフクロウがとても有効になります。これは、棒や竹にさしておくだけで 風の力によって動きます。しかも、フクロウをリアルに再現し、顔の表情もリアルになっているので、これを購入し、手に持ってカラスに 見せただけでいっせいに飛び立ち逃げていきました。このフクロウを購入したら 同じところにセットしないで1週間に1回は別の近くの場所に移動させる ようにしてください。カラスはピンポイントで位置を覚えるので、別に場所にあると「あれは生きている!」と思い込みます。

畑にセットする場合、畑の四隅に差し込む棒を作っておき、1週間に1回移動させます。四隅の全部にセットするのではなく、畑を長方形と考えると角は4つありますよね。その4つに番号を振り付けると①、②、③、④となり、一週間ごとに①、②、③、④とチェンジしながら差し込んでいけばいいのです。カラスは、このフクロウが1匹いるだけで恐怖になりますので効果絶大です!もう一度いいますが、同じ場所にずっとおいては効果は、なくなってきますので、動かしてください!天敵のフクロウがいて、しかも動いているとなるとものすごく恐怖になります!

カラス駆除方法

ぶどうを栽培されているような方の場合は、ブドウの木より上に竹などで高く上げておき、1週間に1回ずらしていくようにします。

牛小屋の場合は、牛小屋の入り口と出口の角の両方に置いておき、1週間ごとに少し位置をずらします。これで大丈夫です。

一度手に持ってこのフクロウをカラスに向けてみてください、カラスは驚いて逃げていくでしょう!

 

ムクドリ退治に効果のある方法

ムクドリは、ハトを少し小さくしたような感じの鳥で群れで行動しております。食べ物は、桜の実、ブドウ、リンゴ、柿、桃、ナシを好んで食べるので、これらの木にはムクドリの群れがいくとあっというまに被害にあいます。昔は、ムクドリの被害は少なかったのですが、近年になって人里にかなりの数が集まってきており、都会の町中の電線にもびっしりとムクドリがとまっている姿を見かけております。その数、数百から数千にもなる群れになってきており、夕方に、大きくて真っ黒いムクドリの群れが飛ぶ姿は、とても不気味で恐ろしくなります。何故、人里や都会に集まってきたかというと、山奥では猛禽類の天敵が多いので人里の人家や町中のほうが天敵に襲われる確率が減るからなのです。
つまり自由に市街地を飛び回ることができ、しかも、エサも豊富にあるとわかるとそこでどんどん増えていき、大群になっていったわけです。
このムクドリがねぐらにしている電線や木の下をみると、びっしりと糞の山があります。鳴き声も聞いたことがある人ならわかるかと思いますが、「何事?」というほどものすごい鳥の音になります。しかも、ムクドリってかなり夜遅くまで鳴続けるのでかなりの騒音になります。
昼間になるとエサを求めて飛びますので、農家の人が作った物に集まって食べますので 、その被害はものすごいものになります。このムクドリの弱点は、猛禽類になりますので、このフクロウを見せたところ、いっせいに逃げはじめました!集まっていた場所に竹の先にフクロウをつけてしばらく置いたところまったく近寄らなくなりました。カラスよりは、学習能力が低いので2週間に一度、位置をずらす程度で十分効果は続いております。
被害に遭っている方は、すぐにリアルに動くフクロウを試してみてください!

皆さんの家の近くで、夕方になると何か飛んでませんか?よく目をこらして上空を見てください!夕方から夜間になってくると、かなりの数で黒い物が無数に飛んでいるのが、わかってくるかと思います。この黒い物の正体は、アブラコウモリといって体長5~7cmくらいのコウモリなのです。

なんだ?コウモリか?などと軽く思わないでくださいね。このアブラコウモリは、家のすごく小さな隙間から侵入し、自分の好きな壁内で営巣するので、しばらくすると糞・尿の臭いを媒介し、そこからダニが大量に発生して人間の人体にかなりの影響をもたらします。朝起きて、手足に何か噛まれた後があって赤くなっているのは、ダニが噛みついた証拠です。更に、ひどくなるとヒストプラスマ症を発生したりさせます。これはカビが体に生えることによってかかる病気です。コウモリの糞の中に発生したカビが空気中にまいあがり、それを人間がほこりと一緒に吸い込んでしまい、肺に入ってしまうことからおこります。体調が悪くなり、セキが出て、熱もでて下がらなくなってきます。ネズミと一緒で放置しておくと、家の中は病原菌だらけになってしまう、恐ろしいコウモリです。最近では、かなりの数が増えてきており、大問題になってきております。このコウモリは夜間に活動するため外敵からの攻撃は受けず、しかも昼間は家の中にじっとしているので安全です。それと、このコウモリは、なんと益鳥で、保護鳥になっているので業者が捕獲しても捕殺できないので増え続ける一方なのです。平和な時代が生んだ、まさにとんでもない害獣なのです。

こんな経験はありませんか?夜になり家の中に何か飛んでいるので捕まえてみるとコウモリだった?家の中にコウモリが1匹いた?いやいや、まってください!家の中にコウモリが1匹いたってことは、壁の中にはかなりの数のコウモリがいますよ!!これ、本当です!ネズミと一緒であっという間に増えていくのです。家の中に1匹いた時点で緊急事態なのです!一刻も早く退治しないと、夜間にダニに血を吸われてかゆくなってきたりして、家族中が被害にあってきます。ひどくなってくるとアレルギーにもなってしまいます。このコウモリの退治方法ですが、彼らは目が見えにくいので、夜間になると超音波を使って飛んでいる虫などを捕らえて食べております。コウモリは、この超音波が弱点になっております。コウモリの追い出し方法ですが、超音波撃退器は、設置してもまったく効果がありません。何故かといいますと、ねぐらにしている家の中では超音波を使用していないので、そこへ超音波撃退器をセットしても意味ないのです。

そこで、まず、家の外にでて、家の周りをよく見てください。通風孔や軒下よく調べると、少し汚れている場所がございませんか?そこがコウモリの出入り口になっております。出入り口を確認したら、ネズミ用のバルサン強力磁石を購入しておきます。そして、家の中でネズミ用のバルサンを焚いてコウモリを追い出します。このネズミ用のバルサン は、コウモリが嫌がるハーブも入っているので、すぐに逃げます!コウモリは、すぐにでていくので、出て行ったら出入り口に強力磁石をつるしておけば、入ってこれなくなります。この強力磁石は、超音波を狂わせるのでとても効果があります。この強力磁石は、1年以上はつるしっぱなしにしておいてください。コウモリは、一度、ねぐらを決めるとしつこいほど、やってくる動物です。強力磁石があると入ってこれないので、とても効果があります。知人の家では、雨樋の近くからコウモリが出入りしていたので、ここに強力磁石をくっつけておいたらこなくなりました。付け方は、物干し竿の先に、軽くガムテープをまいてから(くっつく面がでてくるように)、そこへ強力磁石をくっつけて、雨樋に近づければ、かってに磁石がくっつきます。コウモリは、どんどん増えていくので、すぐに試してください。