カイロプテラ(アブラコウモリ)の撃退方法

Pocket

皆さんの家の近くで、夕方になると何か飛んでませんか?よく目をこらして上空を見てください!夕方から夜間になってくると、かなりの数で黒い物が無数に飛んでいるのが、わかってくるかと思います。この黒い物の正体は、アブラコウモリといって体長5~7cmくらいのコウモリなのです。

なんだ?コウモリか?などと軽く思わないでくださいね。このアブラコウモリは、家のすごく小さな隙間から侵入し、自分の好きな壁内で営巣するので、しばらくすると糞・尿の臭いを媒介し、そこからダニが大量に発生して人間の人体にかなりの影響をもたらします。朝起きて、手足に何か噛まれた後があって赤くなっているのは、ダニが噛みついた証拠です。更に、ひどくなるとヒストプラスマ症を発生したりさせます。これはカビが体に生えることによってかかる病気です。コウモリの糞の中に発生したカビが空気中にまいあがり、それを人間がほこりと一緒に吸い込んでしまい、肺に入ってしまうことからおこります。体調が悪くなり、セキが出て、熱もでて下がらなくなってきます。ネズミと一緒で放置しておくと、家の中は病原菌だらけになってしまう、恐ろしいコウモリです。最近では、かなりの数が増えてきており、大問題になってきております。このコウモリは夜間に活動するため外敵からの攻撃は受けず、しかも昼間は家の中にじっとしているので安全です。それと、このコウモリは、なんと益鳥で、保護鳥になっているので業者が捕獲しても捕殺できないので増え続ける一方なのです。平和な時代が生んだ、まさにとんでもない害獣なのです。

こんな経験はありませんか?夜になり家の中に何か飛んでいるので捕まえてみるとコウモリだった?家の中にコウモリが1匹いた?いやいや、まってください!家の中にコウモリが1匹いたってことは、壁の中にはかなりの数のコウモリがいますよ!!これ、本当です!ネズミと一緒であっという間に増えていくのです。家の中に1匹いた時点で緊急事態なのです!一刻も早く退治しないと、夜間にダニに血を吸われてかゆくなってきたりして、家族中が被害にあってきます。ひどくなってくるとアレルギーにもなってしまいます。このコウモリの退治方法ですが、彼らは目が見えにくいので、夜間になると超音波を使って飛んでいる虫などを捕らえて食べております。コウモリは、この超音波が弱点になっております。コウモリの追い出し方法ですが、超音波撃退器は、設置してもまったく効果がありません。何故かといいますと、ねぐらにしている家の中では超音波を使用していないので、そこへ超音波撃退器をセットしても意味ないのです。

そこで、まず、家の外にでて、家の周りをよく見てください。通風孔や軒下よく調べると、少し汚れている場所がございませんか?そこがコウモリの出入り口になっております。出入り口を確認したら、ネズミ用のバルサン強力磁石を購入しておきます。そして、家の中でネズミ用のバルサンを焚いてコウモリを追い出します。このネズミ用のバルサン は、コウモリが嫌がるハーブも入っているので、すぐに逃げます!コウモリは、すぐにでていくので、出て行ったら出入り口に強力磁石をつるしておけば、入ってこれなくなります。この強力磁石は、超音波を狂わせるのでとても効果があります。この強力磁石は、1年以上はつるしっぱなしにしておいてください。コウモリは、一度、ねぐらを決めるとしつこいほど、やってくる動物です。強力磁石があると入ってこれないので、とても効果があります。知人の家では、雨樋の近くからコウモリが出入りしていたので、ここに強力磁石をくっつけておいたらこなくなりました。付け方は、物干し竿の先に、軽くガムテープをまいてから(くっつく面がでてくるように)、そこへ強力磁石をくっつけて、雨樋に近づければ、かってに磁石がくっつきます。コウモリは、どんどん増えていくので、すぐに試してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です