ハクビシンを駆除するには、これがよく効く!


12月の4日に知り合いの人から、夜になると天井裏で、バタバタと何か走っていて、音がしてうるさいので見てくれないか?といわれたので、早速、家に行って天井裏を覗いてみると、何か臭いがするので、天井裏に入って、臭いのする方へいくと、ものすごく大量の糞がしてあり、これはネズミの仕業ではなく、なんだろうと思い天井裏を隅々まで見ると、タヌキに似たような生き物がこちらをみているので、よく見てみると、なんと!?ハクビシンがいました!ハクビシンは、ジャコウネコ科の動物なので猫みたいにすばしっこく頭もよいのです。これを捕まえるのは、なかなか難しく、このまま放置しておけば、騒音・糞・ダニの被害がかなり広がっていきます。ハクビシンは1回に糞を紙コップ1杯くらいはするので1ヶ月もすれば、糞だらけになってきます。おまけに尿もするので天井にはシミができてくる状態になります。これを追い払うには、ハクビシンがもっとも恐れるオオカミのおしっこが効果があるのでは?と思い、早速、ウルフピー を購入して、家のまわりにまいておきました。次の日から天井裏の騒音は、ピタリとなくなり、1週間しても何も音はしなくなりました。2週間目にマスクと手袋をして天井裏にある糞をかたずけてあげ、無事に終了
しました。ハクビシンの駆除を業者に頼むと、10万円以上はかかってしまいますのでウルフピーをまくだけでいなくなるのなら安いと思います。現在、ものすごい勢いでハクビシンが増えており、田舎だけでなく、都会でもかなりの数のハクビシンがいるといわれております。ハクビシンの天敵がいないため、このような状態になっていくのだろうと思います。夜に天井裏でネズミの音ではなく、犬が走っているような音がする場合は、かなりの確率でハクビシンがいると思われますので、同じようなことがおきている人がいましたら、是非、試してみてください。2ヶ月も放置してしまうと、ダニも発生して、体中にできものができてきて、かゆくてしょうがなくなってしまいます。音がしているのなら早めに家のまわりにまくことをおすすめいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です