ユリの葉や蕾がボロボロになっていた場合

Pocket

ユリを育てている人なら一度は経験したことがあると思いますが、葉や蕾がボロボロに食害されていた場合の犯人は、ユリクビナガハムシという体長1cmくらいの小さな昆虫です。今の時期に発生して
どんどん食害していくのであという間に大切なユリがボロボロになります。ハムシで成虫は、色は明るい茶色のボディで幼虫は、なんと自らの排泄物を背負って生息しております。発生が少数なら捕殺程度で可能ですが、数がかなりいるとスミチオン乳剤 を使えば、植物を食べることによって殺虫ができるので簡単に駆除できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です