著者アーカイブ: pestman

私の友人は、柿農園をやっており、地元でも評判の美味しい柿として知られております。その友人から先月、相談したいことがあるといわれたので行って話を聞いてみると、猿が柿の木に登って
収穫前の柿を食べてしまうので、なんとか追い払えないか?ということです。みなさん、知っていますか?猿って柿の美味しいところを一口食べたらあとは、捨ててしまうのです。それを繰り返すので、子供のように手間暇をかけて柿の木を育てている農家の人達にとっては、怒りがこみあがってくるほど悔しい気持ちになります。私も友人が被害にあった柿園を見たときに、「これは酷すぎる!」と思ったほどです。私は、すぐにヘビのおもちゃをすすめたのですが、友人は、これだと祖母やお客さんがこれをみたときに、びっくりして転がって怪我をする可能性があるので他に方法はないのか?と聞かれたので、それなら猿がもっとも恐れているオオカミのおしっこを猿が来る山際の木や草むらにまいておくと来なくなるよと言ったところ、それを試してみたいといったので早速、購入しました。オオカミのおしっこは、ウルフピー と呼ばれていて、これをダイヤスプレー
に入れて猿が来る山際の木の根元や草むらにかけておきます。あっ!注意しておきたいのが、私がこの霧吹きを使うのは、他の安いタイプのだとすぐに壊れてしまうからなのです。これは1年使ってもぜんぜん壊れないし、オオカミのおしっこも使いおわったら、洗って他のことにもつかえるのでこれにしております。このオオカミのおしっこって、野生だからとてつもなく臭いにおいがするのだろうと思っている人が多いと思いますが、においを嗅いでみると、夏によくやる花火のにおいがします。これが、ほんとうに、オオカミのおしっこなのだろうか?と思うくらいです。猿が荒らしたまわりをよく調べてみると、柿園の裏には猿が来そうな山がありましたので、そちらの山際の木の根元や草むらに1m間隔くらいにまいておきました。しばらくして友人に電話で聞いたところ、ウルフピーをまいてから1ヶ月はたちましたが、猿の姿は1匹も見なくなったといっております。猿がオオカミを恐れるのは、オオカミは音もなく忍び寄って猿の子供や年老いた猿を襲って食べることがあるので、このオオカミのおしっこの匂いがしただけで逃げてしまうようです。まさに、これは、野生には野生の力を利用した駆除方法を言えるでしょう。

カラスは、とても賢く頭も良いのでなかなか駆除することができない方が多いと思います。私も、カラスの被害にあって農作物を荒らされたり、ゴミを荒らされたり、生ゴミを散らかされたりして頭をかかえていたのを今でも覚えております。ネットで色々と検索してカラスバスタープレートタイプが効果があるというので購入してつるしたのですが、最初は怖がって逃げましたが、次第に戻ってきて今では、怖がるどころかプレートの近くに平気できているありさまです。鳥よけ目玉風船をつるしても、やはり最初だけで次第にカラスが集まってくる状態です。フクロウの置物をおいても動かないとわかるとすぐに集まってきます。ここでカラスの弱点はなんだろう?とずっと考えているとあることに気がつきました!?もしかしてカラスは目がいいので目が弱点なのでは?そこで、私が、行った行動は、目が弱点と言うことは、紫外線が嫌がるのでは?カラス用に市販されている物は紫外線の威力が小さいのでは?と思い、もしかしてと思って大きな鏡を太陽に照らして、その光をカラスに向けてみました。すると逃げて行くではありませんか!しかし、しばらくするとまた、カラスが戻ってくるので、もっと威力のある鏡はないものかと探したところ、ありました!これです表面鏡という素晴らしい物がありました。通常の鏡は、ガラスの背面に鏡面処理(銀引き)を施します。しかし、表面鏡はガラスの表面に鏡面加工することにより、ガラスの厚さによる影響を受けずに映像を反射することができます。これを一番高いところの木にとまっているリーダーのカラスに太陽の光を照らしたところ、すさまじい光を恐れたのか、あっという間に逃げていきました。飛んでいる最中も光を照らしておっかけたところ見事にこなくなりました。すごく効果があるので他のエリアにいるカラスをみつけて表面鏡に反射した太陽の光を照らしたところ、いちもくさんにすべてのカラスが逃げていきました。みなさん、カラス駆除で売っている物は、その場から動かないのであんまり効果は期待できません。この表面鏡で太陽の光を反射させてカラスに照らしてみてください。きっと驚くような効果があらわれますよ。ずばり言います!カラスの弱点は目です!

猿は近年、ものすごく増えて田畑を荒らすので多くの人が頭をかかえているかと思います。
猿は人を観察する能力がすぐれているのでとても賢く頭も良いです。サツマイモ畑に入り、掘り出したサツマイモを全部食べないで一口かじったら捨てて、次のサツマイモも一口かじって捨てたりしていいところだけ食べていってしまう、非常に迷惑な動物です。ダイコンなども同じように一口食べては捨てて、また一口食べては捨てており見ていると頭にくる動物です。この猿を駆除する方法をいろいろ試してみました。農協から支給される花火も音がして爆発して驚かせるのですが、最初はいっせいに逃げるのですが、しばらくするとまたやってきます。来ては花火を鳴らしまた来ては花火を鳴らすのを繰り返しているいますが、これも近所迷惑にもなっていてどうにもならないです。エアガンも試してみたのですが、威力がないので弾がとどかない位置でこちらをみており、いなくなると畑にきて荒らしはじめます。狼のおしっこも畑の隅にセットして試してみたのですが、親猿には多少効果があったのですが、子ザルには効果がなく近寄ってくるので、それを親が見て安全だと思ったら全部の猿が畑にきてしまっております。これはどんな策もどうしょうもないなって思っていたら、もしかして蛇が苦手なのでは?と思い、いろいろなリアルなおもちゃの蛇を購入して試したところこのヘビ スネーク アニマル蛇 おもちゃ がとてもよくできており、色もよいので、これをあらゆるところにセットし、何日か双眼鏡で観察していたのですが、この場所が一番効果がありましたので、下の図を参考にしてください。

 

猿の駆除

猿は、必ず、山からくるので山に近い畑の境界線の近くに蛇を5mおきくらいに、いろいろな場所ポンポンと置いていきます。木があればまきつけたりするとさらに効果があります。猿は、ボス猿の命令で活動しておりますので、ボス猿がこのおもちゃの蛇を見つけたら警戒して仲間を一斉に非難させます。この蛇のおもちゃの場所は、1週間ごとに数mずらしてください。適当でOKです。3か月ほど繰り返すと猿は蛇が多い畑として覚えるので来なくなります。いろいろなおもちゃの蛇を購入して試したのですが、明るいような色の蛇は駄目です。何故かというと猿は色も認識しておりますので、緑色や赤い色の蛇などはいないのは知っているのです。彼らが怖がるのはマムシ・ヤマカカシですのでそれに近い、黒っぽくてリアルなのがとても効果がありました。猿の一番嫌な外敵は蛇なので猿の弱点を見つけるのには苦労しましたが、今のところ全然猿の姿は見なくなりました。猿は縄張りをもって活動しておりますので、またほかのエリアの猿がこないか観察を続けていこうと思います。

スズメバチの巣を家の近くで見つけたら慌てず、まずハチ激取れをスズメバチの巣が見える位置につりさげて ください。巣が見える位置といっても巣の隣ってわけではなく、10mくらい離れている場所です。 これにはハチが好きな誘引液が入っているので1週間もすればかなりの数のハチが入っているかと思います。そしてスズメバチの巣をみてまだ、巣にハチがいるようでしたら再度セットしてください。巣にハチがいなくなってきたら、とどめにスズメバチマグナムジェットプロ をつかってすべて退治します。これには、スズメバチの動きを止めるモンフルオロトリンが入っているので効果抜群です。ピストルみたいな形になっているのでレバーを握ればガスが4mくらいとびます。このガスを発射するときは日没後になるとハチがおとなしくなるので、そこが狙い目です。これからのシーズンはスズメバチの勢いが増すので早めに駆除してください。

バラを飼育していると、いつの間にか葉がボロボロになるまで食べられているときがあります。この犯人は、アカスジチュウレンジ(体長1cmくらい)という昆虫で、体がオレンジで羽が黒い虫です。この虫は、若い枝に傷をつけて卵を産みつけるので、枝が成長すると傷口が裂けてきます。卵からでた緑色の幼虫が葉裏に群生してどんどん葉を食べていきます。幼虫は大きくなってくると黒い小さな点がいくつもあります。食害が進むにつれてバラの花弁も食害するのでとてもやっかいな幼虫です。この幼虫が小さいときにベニカXファインスプレー を全体に散布すると退治することができます。